【茨城県】茨城の大子観光でおすすめのスポットの紹介!大子日帰り旅行を楽しむ

 

この記事はこんな方におおすすめ!
・大子でおすすめの観光スポットを紹介!
・大子で訪れるべき場所を知りたい!
この記事では、大子で訪れるべき観光スポットを紹介しています。
大子で丸一日遊ぶなんて無理じゃないの??
大子で遊ぶ場所が知りたい!!
という風に思われている方にはぜひ見てもらいたいです。

移動手段は??

移動手段は、絶対に車が良いと断言します。

そもそも茨城県の県庁所在地の水戸市の住民ですら、生活の移動手段の中心は車です。

ましてや茨城の辺境である大子(大子の方ごめんなさい)では、車がないととてもではありませんが移動に時間がかかってしまいます。

ですので大子では基本的に車で移動しましょう。

大子のおすすめ観光スポット

袋田の滝

なんといっても大子でのメインといえば日本三大瀑布である袋田の滝。

写真を見ていただければわかるように季節によってさまざまな顔を見せてくれます。

なかでもおすすめなのは、冬の袋田の滝!!

条件が整えば、氷瀑といって凍った袋田の滝を見ることができます。
その姿はまさに圧巻です。


出典:https://bike-a-gogo.com/hukurodanotaki-ibarakiken/

袋田の滝を見るのにかかるお金は、大人300円、子供150円です。
(駐車場料金で500円ほどかかる)

↓袋田の滝を見るのにこんな感じの大きくて長いトンネルを通っていきます。

また、袋田の滝のそばにはハイキングコースが設置されています。

こちらはかなり本格的なハイキングコースで、階段をかなり上ったり下りたりしますので、動きやすい靴で来ていない方にはおすすめしません。

所要時間はおよそ80分です。

↓ハイキングした時の写真

大子広域公園


出典:http://www.greenvila.jp/shisetsu/bq_site.html

こちらは大子市内にある大きな公園で、温泉プールやキャンプ場、BBQ場、アスレチックなどがあります。

大人数で大子に旅行する際におすすめなのが、なんといってもBBQです!

大子広域公園では、食材さえ買っていけば、網や炭の貸し出し(有料)を行っているので、手ぶらでBBQをしに行くことができます。

行きの道のりで買い出しをしながら行くのも絶対楽しいはずなので、かなりおすすめ度が高いです!!(笑)

↓広域公園で借りることのできる道具と値段を見ることのできるページです。

大子おやき学校

大子では、おやきづくりを体験することができます。

大子のおやき教室の特別な部分は、明治7年に創設された小学校を改装して、おやき教室に変身させたというところにあります。

ですので昔の学校の雰囲気がそのまま残っており、まるで昔に戻ったかのような感覚も味わうことができます。

どんな形でも作ることができ、好きなようにアレンジできるので、大人から子供までおやきづくりを楽しむことができます。

おやきづくり体験は、大人が800円、子供で500円かかります。
大人の方はおやきを3個、子供はおやきを2個作ります。

また、おやき学校では冷凍おやきも販売しているので旅のお土産に買ってみてはいかがでしょうか??

リンゴ狩り

大子はなだらかな山の傾斜を利用したリンゴ畑が多くあります。

大子で育てられたリンゴは「奥久慈リンゴ」と呼ばれ、9月中旬から11月下旬までリンゴの収穫を楽しむことができます。

大子には様々なリンゴ園があるので一覧としてまとめてあるサイトを下で紹介しています。
こちらの方で料金や場所などを確認してください。

大子リンゴ園一覧のHPはこちら

また、個人的にかなり皆さんに召し上がっていただきたいのが、「藤田観光りんご園」さんのアップルパイ。

こちらは茨城お土産大賞金賞を受賞しました逸品です。


出典:http://www.roy.hi-ho.ne.jp/apple-fujita/applepie/index.html

ゴロゴロ入ったリンゴの触感、ほのかに香るシナモンの香りがたまりません。
本当においしいのでおすすめです!

[itemlink post_id=”1361″]

温泉

大子にはたくさんの温泉があります。

温泉を目当てで大子を訪れるのもありですし、BBQや少し観光をして疲れた体を癒すのに持って来いとなっております。

中でもおすすめの温泉を2つ紹介させていただきます。

大子にある温泉は、日帰り入浴ですと16時で閉まってしまうものも多いのですが、今からご紹介する温泉は16時以降も入ることができるという面でもおすすめです。

10月から1月の間に訪れるなら「森林の温泉」


出典:http://bijinnoyu.exblog.jp/12193267/

こちらの温泉は、10月から1月の間には「りんご風呂」があります。

大子ならではのお風呂で、りんごの甘酸っぱい香りでとてもリラックスすることができます。

また、露天風呂には浴槽が3つもあり、pHが8.7とお肌すべすべになります。

平日 大人710円/子供350円
土・日・祝 大人1010円/子供500円
17時以降 大人500円/子供250円

(10時~20時まで営業)

17時以降は料金が500円になるというのがとてもうれしいですね。

森林の温泉HPはこちら

袋田の滝の帰りには「関所の湯」


出典:https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/sekishonoyu.html

袋田の滝からおよそ車で1分ほどのところにあるアクセス抜群の温泉となっております。

こちらは露天風呂が山の中に存在し、大自然の中での入浴を楽しむことができます。

シャワーの数が少ないので、大人数で行くときにはシャワーの取り合いにならないようにしてください(笑)

平日 大人700円/子供350円
土・日・祝 大人1000円/子供500円
16時以降 大人500円/子供250円

(平日10時~20時、土日祝は9時半~21時まで営業)

関所の湯HPはこちら

観光やな・アユのつかみ取り


出典:http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page000009.html

「やな」とは、木や竹を並べて水流をせき止め、魚を捕らえる仕掛けです。
やなの漁が県内で行われているのは大子町だけで、ここではあゆのつかみ取り体験ができます

捕まえたあゆを塩焼きにしてもらうこともできますし、食堂ではアユを用いた刺身などのいろいろなレシピを味わうことができます。

営業日
・5月1日(水)~5月6日(月)
・6月1日(土)~ ※土日祝日営業
・7月20日(土)~8月31日(土) ※火曜・水曜定休日
・9月1日(日)~10月31日(木) ※土日祝日のみ営業
観光やなHP

まとめ

大子は自然豊かで自然を満喫することのできるアクティビティが多いですね。

ただ、季節によっては行うことのできないものもあるので、季節を考慮しながら何を行うのか剣として、旅行楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です