日向坂46のライブでのおすすめペンライトは?乃木坂46、欅坂46にも応用可能!!!

この記事はこんなかたにおすすめ!
・ライブに持っていくおすすめのペンライトを知りたい!
・どのようなペンライトがあるのかしりたい!

こんにちは!!このブログでは、日向坂46のライブに必須である、ペンライトについてご紹介したいと思います。初めてライブに参戦する方は、どんなペンライトがよいのかわからないと思います。(自分自身そうだった)

 

初めにペンライトの注意点とそのあとに筆者おすすめのペンライト3つを紹介したいと思います。


日向坂46のライブへ持っていくペンライトの注意点

長さ25cm以下であること

公式のペンライトが25cmなので、25㎝より長いものは禁止とされています。

このサイトで紹介するペンライトは、25cm以下なので大丈夫なのですが、もし自分で購入する際は注意してください。

電池式であること

お祭りとかでポキッと折って使うサイリウムありますよね?

 

そのように折ることで発色するようなペンライトの使用は禁止されているということです。

 

持ち込みも禁止されているので、持っていかないように注意しましょう。

必ず2本購入すること

ペンライトは、2つ持ちが基本です。

 

ペンライト2本を使用して、推しメンカラーを表します。

 

オンラインショップでは、基本1本売りが多いので注意して購入しましょう。

※たまに2本セットでの値段で販売しているものもあります。

日向坂46ライブ おすすめペンライト

キングブレード X10II(ツー)Neo シャイニング

[itemlink post_id=”95″]
 
特徴

・配色は、15色
・握りやすい
・価格は、2400円ほど

こちらは、ルイファンジャパンが販売している商品で、キングブレード X10 Ⅱのバージョンアップしたものです。

 

これの良いところは、自分の推しの色にすぐに飛ぶことのできるHot buttonが追加されたところですね。

 

ライブでは曲に合わせてペンライトの色を変更したりするのですが、その変更した後に、自分の推し色にもどすのに手間を取る時があります。

 

しかし、このHot Buttonがあればそんな手間がなくなります。

 

また、自分で色の順番のカスタマイズができるので、ライブで使わない色を排除した自分専用のものを作れます。

 

シャイニングとスモークがありますが、シャイニングを購入することをおすすめします。

 

理由としては、単純にシャイニングのほうが発光が強いからです。

メリット
  • 発色がよい
  • 他の坂道グループでも使用できること
  • 値段が比較的リーズナブ
  • 推しの色にすぐ移動できる
デメリット
  • グループのロゴが入っていないこと
[itemlink post_id=”95″]

KING BLADE X10 V

[itemlink post_id=”103″]
特徴
  • 色は、15色
  • 専用アプリで色の調整可能
  • もちやすい
  • 価格は、3000円弱

 

こちらは、上で紹介した「キングブレード X10II(ツー)Neo シャイニング」のバージョンアップ版となります。

 

大きく変わった点としては、専用アプリで色の調節が可能になったり、飛びたい色にすぐに行けるところです。

 

ただ、「キングブレード X10II(ツー)Neo シャイニング」よりも多少高くなり、機能追加されたのはそれくらいなので、どちらを購入するかは好みですね。

 

メリット
  • 発色がよい
  • 他の坂道グループにも使用できる
  • 専用アプリで色の調整可能
  • 推しの色にすぐに飛べる

 

デメリット

  • 少し値段が高くなる
  • グループのロゴが入っていないこと
[itemlink post_id=”103″]

日向坂46公式ペンライト

引用 日向坂46 OFFICIAL GOODS STORE

特徴
  • グループロゴ(表題曲のロゴ)が入っていること
  • 発色が、キンブレに比べて弱い
  • 少し持ち手が太い
  • 価格は、3100円
  • 色は、15色

こちらは、日向坂46公式ショップで販売されている、「スティックライト」です。

 

グループロゴが入っているので、持っているだけでとてもテンションが上がってしまいます。

 

ただ、キンブレに比べると発色が悪く、持ち手が太くなっているのが特徴です。

 

ライブでは、3時間くらいペンライトを振り回しているので、この持ちやすさっていうのは意外と大事なのです。

 

さらに、ほかの坂道グループではさすがに使いづらいですので、その辺を考慮して購入してほしいです。

メリット
  • グループロゴが入っている
  • ライブ会場でも購入できる
デメリット
  • 発色が、キンブレに比べて悪い
  • キンブレに比べてもちづらい
  • 少し値段が高くなる



番外編:激安ペンライト

どうしても安く済ませたいという方におすすめです!

[itemlink post_id=”105″]

 

ただこのような激安のものは、発色が悪い、壊れやすいなどのそれなりの理由があるので、これからライブにたくさん参加したいという方にはお勧めしません。

 

メリット
  • とにかく安い
デメリット
  • 発色が悪い
  • こわれやすい
[itemlink post_id=”105″]

日向坂46ライブへのおすすめペンライト まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

自分的には、おすすめした3つのなかから選ぶのがいいのではないのかなと思っています。

そのうえで、いろんな機能、価格等々を考慮してご決断していただければなと思います。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です