スイカ割りのためのスイカを冷やすおすすめの方法!スイカを丸ごと冷やす方法

この記事はこんな方におすすめ!
・スイカを丸ごと冷やす方法を知りたい!
・スイカ割りの時のスイカの冷やし方が知りたい!

夏の風物詩のスイカ。

夏になると1度は食べたくなりますよね。

 

そして夏のイベントとして外すことができないのはスイカ割り。

どうせなら生ぬるいスイカではなく、冷たいスイカを食べたい方がほとんどだと思います。

 

今回は、スイカを丸ごと冷やす方法やスイカをおいしく食べる際の注意点を紹介したいと思います。

スイカはなるべく早く食べたほうが良い

スイカは、メロンなどの果物とは異なり、収穫されてから追熟して甘くなるということはありません。

 

スイカは、収穫してからどんどんおいしさが失われていく果物なのです。

ですので、スイカは購入した直後に食べるのが最もよいのです。

しかし、一般的に、収穫後適切な場所(暗くて風通しの良い場所、常温)で保存しておけば2週間はおいしく食べることができるといわれています。

スイカは冷やしすぎに注意

スイカは夏の果物ということもあり、寒さに弱いです。

 

冷やしすぎると甘さが半減してしまうので冷蔵保存は避けたほうがよさそうです。

 

ですのでスイカを丸ごと保存しておく場合には、冷蔵庫には入れず、風通しの良い日差しの当たらない場所で保存するようにしてください。
※カットしたスイカの場合は冷蔵庫が良い

もし家でスイカを食べる際は、2~3時間前に冷やしておくのが良いです。

スイカ割りの際のスイカの冷やし方

発泡スチロール(バケツ)&氷


出典:https://www.ajfarm.com/10136/

これが1番無難な冷やし方です。

 

用意するもの

発泡スチロール(バケツ)、水、氷(できれば板氷)

手順

1.発泡スチロールに水と氷、スイカを入れる
2.スイカのタオルをかける
3.可能であればスイカに水道水をちょろちょろかける

 

発泡スチロールなんてどこで手に入れればいいんだよと思う方がいると思います。

意外と手に入れるのは簡単で、スーパーに行くと野菜用の発泡スチロールがもらえます。

 

もし、もらいに行くのがめんどくさい方は、大きめの桶やバケツを買うといいです。

 

↓桶の場合このくらいの大きさがちょうどいいかなと思います。
[itemlink post_id=”1129″]

川の水で冷やす


出典:https://haochokubai.com/blog/archives/5984

これは川遊びの時限定になってしまいますが自然を使って冷やすのもありです。

 

用意するもの

スイカ、スイカを入れるための網

手順

1.スイカをネットに入れて川で冷やす

 

なんと単純な方法なんでしょう!(笑)

 

用意するものに記載した「スイカを入れるための網」は、スイカが川で流されるのを防ぐためです

 

もし、流される心配がなければ必要のないものです。

 

網を使う方がいたら100均に売っているボールネットがおすすめです。(網の固定を忘れないようにしましょう)


出典:https://100yen-zukan.com/products/detail/2573

ポータブル冷温庫 まるごとたまちゃん


出典:https://www.gizmodo.jp/2010/07/post_7348.html

少し掃除機のようなフォルムの冷温庫。

 

スイカをまるまる冷やしたまま持ち歩きたいという方のためのものです。

 

29㎝以下の球体のものなら持ち歩くことができ、もちろんスイカ以外のものも冷やせます。

 

スイッチ1つで冷蔵にも温蔵にも切り替えることができます。

現在残念ながらamazonの方では品切れとなっています。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です